愛猫の慢性腎臓病はセミントラで対策できる!上手に活用しよう

セミントラの効果は従来品より長持ちする

「セミントラの効果は従来品より長持ちする」のイメージ画像

猫の慢性腎臓病の進行抑制には、これまでACE阻害薬という種類の医薬品が使われていました。
ACE阻害薬もセミントラと似たような効果があり、効果的に慢性腎臓病の症状を抑えることができます。
そのため、セミントラは従来の治療薬と比べるとどのような違いがあるのか気になる方も多いのではないでしょうか。

ACE阻害薬とセミントラの大きな違いは、効果時間がどれだけ長持ちするかという点です。
どれだけ効果が高い医薬品でも、効果の持続時間が短いと何度も投与し直す手間が発生し、愛猫にも飼い主の方にも手間と負担が発生してしまいます。
これまで使われていたACE阻害薬は、効果の持続時間が30日間ほどといわれており、これ以上の日数が経過すると効果が薄れてしまいます。
これに対し、セミントラは効果の持続時間が180日間ほどといわれており、1回の投与で効果が長期間持続します。
ACE阻害薬の約6倍もの効果が期待できるため、何度も薬を飲ませ直す手間を省きながらしっかりと愛猫の慢性腎臓病を抑えることができます。

これまで使われてきたACE阻害薬も高い効果を発揮する治療薬でしたが、セミントラはより高い効き目を期待することができます。
愛猫の体に過度な負担をかけてしまう心配も少ないので、安全に使えて高い効果を発揮する成分を使いたいとお考えの方々から注目されています。